一般建設業 山形県知事許可(般-26) 第700697号   
二級建築士事務所 山形県知事登録(2203) 第2311号   
TEL 0234-31-2469(代)   

Search the Web:

mail お問い合わせ

建材紹介 > 旭化成建材 へーベル パワーボード


pb02.jpg
厚さ37mmの優れた耐火性、パワーボードの住宅なら火災保険料が約半額。

さらに、パワーボード全製品に10年保証制度がスタート!

耐久性・断熱性・透湿性・遮音性といった基本性能と、
デザイン性(発明賞・グッドデザイン賞受賞)を兼ね備えた、こだわりの住宅に最適な外壁材です。

下図の基本性能名をクリック(↓)すると詳細がご覧いただけます powerboard.jpg 防火性 断熱性 透湿性 意匠性 遮音性 発明賞受賞 グッドデザイン賞受賞 JIS製品・耐久性 JIS製品・耐久性

 

工法紹介 > スーパーウォール(SW)工法

【SW工法とは?】

 独自の高性能SWパネルを用いた高気密・高断熱・高耐震構造に、 24時間換気システム・冷暖房を組み込んで、 住まいの基本性能を大きく向上させる施工方法。
 自由に設計できるオールシーズン快適空間を提供します。

【SW工法の特徴】

・高い断熱性能による温度差の少ない快適な空間

高い断熱性能による温度差の少ない快適な空間  ← 冬場の室内モデル図
隙間の多い住宅ほど、室内空気の流出入が大きくなります。

一般住宅の場合、流入した冷たい外気が足元へ降りてきて、
部屋の上下で大きな温度差が生じます。

気密性能の高いSW工法住宅は、外気の影響を受けにくいため、
部屋の上下温度差が少なく、四季を問わず1年中快適な室内温度を
保つことができます。

・部屋間の温度差も小さい

部屋間の温度差も小さい  冬場のトイレや浴室、脱衣所などで感じる不快感。その急激な温度変化は、体に大きなストレスとなり体調不良の原因になります。

とくに高齢者には血圧上昇によって心臓に大きな負担がかかり、生命の危険を伴う重大問題となります。

不快な温度差の代表例となるトイレや洗面空間も、SW工法住宅なら冷暖房を併せて室内温度を効率よくコントロール。

温度変化の小さい快適な室内空間を実現できます。

・地震や台風等の災害に強い高耐震構造

地震や台風等の災害に強い高耐震構造  構造用面材(OSB)に断熱材(発泡ポリウレタン)を組み込み、さらに気密性を高め、耐震性とともに気密・断熱性を発揮する高性能パネル「SWパネル」。

SWパネルは「防火構造」と「準耐火構造」の大臣認定を取得しております。その優れた安全性から、防火制限地域においても必要に応じて建築規制に対応できます。

SW工法住宅は、壁面にこのSWパネル、床に28mm合板などを使用して強固な箱型を構成する高耐震のモノコック構造。台風や地震などの外力が接合部などに集中しにくく建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。


・優れた気密性能で気になる騒音を抑制
気密・断熱パッキンによるSWパネルの高気密施工で、優れた遮音性能を発揮。さらに、SW工法で採用する断熱サッシが、高気密性かつ複層ガラス仕様によって遮音性能を一層高めます。

・クリーンな空気
SW工法住宅では、C値=1.0という高い気密性能にこだわり、隙間を極力抑えることで外気とともに出入りするホコリや砂塵などを大幅カット。
また、計画換気により取り入れる外気は、フィルターを介し、花粉など微細な粒子まで取り除けます。

・結露対策
熱の出入りを大幅に少なくする高気密・高断熱部材を採用。また、通気層構造と発泡ポリウレタンが見えない結露を防ぎ、耐久性を向上します。

・和風から洋風まで、自由度の高い空間プランニング
自由設計でこだわりのスタイリッシュな外観、ご家族のライフスタイルにあった間取りプランを実現できます。

・「C02」ダイエットで、エコロジーに配慮
「C02」ダイエットで、エコロジーに配慮
SW工法住宅では、ランニングコストのシミュレーションを実施し、事前に冷暖房にかかる金額の目安を算出します。


工法紹介 > エアサイクル工法

暑い夏も、冷え込む冬も 四季を通して快適な家 健康住宅「憩」

air-winter air-summer
↑「昼」集熱と蓄熱、「夜」放熱と断熱         ↑「昼」集冷と放冷、「夜」集冷と蓄冷

夏と冬の温度差が大きい日本の気候の中で私たちが暮らす住まいには、季節を通して快適に 過ごせることが求められます。じめじめした梅雨や湿度と気温が高い夏も、反対に空気が乾燥して 冷え込む冬も、さわやかに暮らせるのがエアサイクル「憩」工法で建てられた家。 太陽と風の力を活用する健康住宅です。
外見は普通の住宅と変わりないのですが、壁、小屋裏、床下をつなぐエアサイクル層を持った 特殊な構造が採用されています。

夏はエアサイクラーを開き空気層に涼しい風を取り入れ、夜間の冷気は床下や壁や天井に蓄冷。 日中に家の温度が上がると放冷されます。
一方、冬は積極的に太陽熱を取り入れ、日の当らない 北側の部屋や床下にも暖かさを運びます。日中に蓄えられた太陽熱と生活熱は、夜間に家の 温度が下がると放熱されるシステム。

エアサイクル層が空気の流通を促して暑さ寒さに対処するから、年中快適な暮らしが実現します。
うれしいのは自然エネルギーを利用する「省エネ住宅」で、湿気を抑えてダニやカビを防ぐ、 人にとっても「健康住宅」さらに、建物も長持ちする「長寿命住宅」だということ。
快適に暮らせるから家族が憩う居心地のいい住まいです。

工法紹介 > ダイライト工法

sp9802-1-s

地球の環境を守るための素材革命

“ダイライト”は地球の未利用資源を有効活用した無機質の新素材です。 材料は鉱物繊維と火山性ガラス質。
長年の研究の末に開発された画期的なエンジニアリングパネル。
火に強く、高強度で、しかも軽量。人・地球にやさしい次代の建材の誕生です。

【外壁下地材ダイライトMS】
木造軸組で業界初の壁倍率3.0を取得。
防腐・防蟻性、防耐火性、通気性にも優れています。

【耐力クロス下地材ダイライトMK】
防火性、防腐性はもちろんのこと、 人や環境に配慮したクリーンな内装クロス材です。

【耐力床下地材ダイライトMY】
足元を支える床は暮らしの大地。ダイライトで強度は合板並。
腐れに強く、白蟻も防ぎます。無機質材料の常識を超えた理想の面材です。